ZEH普及目標公表

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略。 住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ZEH 目標公表資料(ZEH事業計画書)

※ZEH普及目標と実績

2016年度 新築住宅施工実績 6棟

2017年度 新築住宅施工実績 8棟

2018年度 新築住宅施工実績 8棟 

2019年度 ZEH普及目標 新築住宅着工棟数中40%        

2020年度 ZEH普及目標 新築住宅着工棟数中55%    

 

※ZEHの周知・普及に向けた具体策

・ホームページ等にて ZEH ビルダー登録業者である事の告知

・モデルハウスや見学会等にてご来場者へのご提案

・ZEHに関する説明に必要なお客様向けの資料を作成し配布

・住宅をZEH仕様にすることによるランニングコストの低減や、快適温度を維持しやすい住環境等の メリットをご説明

 

※ZEHのコストダウンに向けた具体策

・自社設計のメリットを生かし、プランニング時に開口部の面積等による

一次エネルギー消費量削減に努める。

・住宅設備、開口部のメーカーを統一し仕入れコストの削減

・最新知識を常に収集し、 適宜工程、施工方法の見直しを図り コストダウンにつなげる

 

 

その他の取り組みなど

・自然エネルギー(通風、採光、雨水利用等)を省エネルギー化計画に生かすご提案。

・地域材の利用、自然素材を多用することで、間接的にもCO2の削減を抑える

・ZEH、省エネ関係 の勉強会やセミナーなど積極的に参加し、知識・技術のさらなる向上に取り組む